« 国内外ともに航空機での移動が再開し始めています。 | トップページ | 定期検診でした。沖縄の医療機関の新型コロナ対策あれこれ »

2020年6月29日 (月)

新型コロナウイルス感染症の発症が続いている

 週明けです。やはり話題は、新型コロナウイルス感染症が多発しているとのニュースが流れています。全面的に規制解除されてからも陽性患者の発生が続いているのでした。

 「昼カラ」と打ち込んで漢字に変換しようとすると「昼から」になるが、つぎに「から」をカタカナに変換しようとすると「昼」にも影響がでて、何度もくりかえすが意図した「昼カラ」にはなりませんでした。結局は、「昼」を変換して、次に「から」に変換してようやく「昼カラ」と表記することができました。ところで「昼カラ」とは「カラオケ」を楽しんだ集団が、新型コロナウイルス感染症のクラスターとなったのでした。

 お昼にカラオケを楽しんだスナックのお客さんが軒並み新型コロナウイルス感染症の陽性に罹患し、クラスターと認定された。自分はスナックやカラオケは縁遠いが、大好きな人にとっては魅力的なのだろう。とくに自粛生活が長かった反動も影響するのでしょうね。

 梅雨時の集中豪雨での避難勧告が内地で発令されています。避難生活でも、新型コロナ対策を講じているニュースが報じられています。内容的には避難所での定員の問題、アルコール消毒の徹底、体温測定の実施。もし、避難所に来た際に高熱だった場合は、別室にて待機する準備も実施するとのことでした。自分の人生の中で避難所生活の記憶は、小学生の頃に一回だけかな。洪水警報が発令されたことがあったのでした。

 高齢者に分類される年寧になっているので、本格的な避難所生活を送ることを考えると無理かなって考え込んでしまうのでした。台風か津波、大地震等の大規模災害に遭遇する可能性が否定できないのでした。

 週末には東京度、埼玉県、神奈川県、千葉県の4地域で80名近くの新型コロナの陽性患者が発症しているのでした。大阪府や京都府では発症者数は一桁となっているのでした。東と西での患者発生数の違いは何だろう。地域別の発症数のバラツキは、今後のWithコロナ対策として検証する必要がありそうだ。

|

« 国内外ともに航空機での移動が再開し始めています。 | トップページ | 定期検診でした。沖縄の医療機関の新型コロナ対策あれこれ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。