« 熱し易く、覚め易い県民事情 勘弁して欲しいのでした。 | トップページ | 小学校がクラスターになった。 »

2020年6月 1日 (月)

今日から6月 小学校でクラスター発生 宇宙では民間主導となった。

 新型コロナウイルス関連の自粛期間が、いよいよ本日から解禁になりました。幸い沖縄県では陽性患者の発生はゼロ更新が続いています。北九州市にてクラスターが確認された。今回の特徴は、小学校がクラスターになったことです。これまでは医療機関や高齢者施設、 美容院、ライフハウス等がクラスター発生源として注意されていました。いずれも無症状とのこと。北九州市では、クラスターに指定された学校だけ休校処置とするとのこと。

 沖縄県では6月1日から沖縄県内での移動が可能となりました。これまで運航規制していた空路に海路ともに解除されました。ただし海外からの空路は閉鎖されたままです。当分の間は、国内線だけとなっているのでした。それぞれの空港にて体温チェックを実施。航空機への搭乗はマスク必着とのこと。以前、感染国から入域した観光客が解熱剤を服用して体温チェックをすり抜けたと公言したことがあります。抜け道を考える奴らへの対抗策を講じて欲しいのでした。

 5月30日、宇宙空間ではアメリカの民間企業が開発した有人宇宙船「クールドラゴン」が打ち上げられ、翌日の31日に国際宇宙ステーションとドッキングが成功した。実況映像が公開された。今回の宇宙船は民間企業が開発したのが特徴だ。これまではNASAつまりアメリカの国家予算で運営されていましたが、民間企業の仕事なので企業機密が沢山あるとのことでした。日本ではJAXAが対応するが、国の予算となる。今回の宇宙飛行が成功すれば、次回は日本人宇宙飛行士が搭乗することになっているのでした。

 宇宙船内部の動画や静止画が公開されました。それによるとデジタル化が進んで、スペースシャトルとは雲泥の差だった。また搭乗した宇宙飛行士の飛行服やブーツは、一瞬アウトドア風の長靴に見えました。宇宙服も様変わりしているのでした。一週間程度宇宙ステーションに滞在して地球への帰還となるのでした。宇宙から帰還では、海に着水するのだろうか。それとも陸地に降りるのだろうか。アメリカ大陸からの有人ロケット発射は9年ぶりとのことでした。

|

« 熱し易く、覚め易い県民事情 勘弁して欲しいのでした。 | トップページ | 小学校がクラスターになった。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。