« ダイビングインストラクターが新型コロナウイルス感染症に罹患した | トップページ | 沖縄では新型コロナウイルス感染症の病床が満床。静岡からの事故報告二本。 »

2020年8月 2日 (日)

台風4号接近。新型コロナの影響は甚大だ。

 今年は全然台風襲来がありませんでしたが、とうとう台風4号が先島方面に接近しているのでした。台風としては規模が小さい感じがするのでした。台風なるための風速が18mなのですが、とりあえず4号は最大風速が18mで、最大瞬間風速は25mと予測されているのでした。コースとしては西表島、石垣島直撃コースで縦断して東シナ海に抜けると予想されています。

 昨日の新聞報道と沖縄県の新型コロナの発生状況の資料を確認しました。362番の症例として紹介された。年齢40代、職業ダイビングインストラクター、名護市、感染状況は調査中とのことだった。沖縄でダイビングインストラクターが新型ウイルス感染症に罹患したのは初めての症例となりそうだ。疫学的に追跡調査をして欲しいのでした。

 今回の一件で、とあるダイビングサービスから相談を受けました。その内容は、自分が新型コロナウイルス感染症になったら、ショップ名を公表したほうがいいのだろうかって。自分では、ダイビングサービス提供する際には細心の注意を払っていると思っているが、もしも自分や家族が罹患した場合は、どうしようかって。しかし、ゲストへの配慮を考えると積極的に公表して濃厚接触者への注意喚起の意味も含めて公表することがベストだという結論に達しました。

 端末にアプリを取り込んでいます。2週間が経過、夜に濃厚接触者の有無確認をしていますが、今のところ「なし」とのことです。

 今朝、3件の問合せがありました。内容は具体的なショップ名を教えて欲しいとのことでした。個人が特定できる内容は公開されていないのでした。当然、ショップ名、氏名等は公表されていないのでした。

 さて、11月までの予約のあった仕事が、全てキャンセルとなりました。新型コロナの影響が長引いているおかげです。じっと経費を節約しなければならないのでした。

|

« ダイビングインストラクターが新型コロナウイルス感染症に罹患した | トップページ | 沖縄では新型コロナウイルス感染症の病床が満床。静岡からの事故報告二本。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。