« 西表島にも新型コロナウイルス感染症が侵入。レバノンの肥料爆発映像、衝撃波の威力甚大 | トップページ | 100名越えの新型コロナウイルス陽性が確認された »

2020年8月 6日 (木)

新型コロナの実数、重症者の数は 

 あぁぁ今日も沖縄県内でのコロナの陽性確認者が70名を超えたとの報道がありました。7月の4連休の移入感染から市中感染が定着したことを意味するのだろう。ニュースの確認は、インターネット経由での文字情報で確認しています。いつ果てることない戦いが続くのでした。

 自分が知りたいのは新型コロナ感染症の陽性確認者の総数ではなく、重症者の数を知りたいのでした。入院して高度な医療介入が必要な患者数は、少ないということも判明したのです。軽症者から重症者まで総数が、連日報道されていますだけなのでした。軽症者で自宅や専用の宿泊施設で経過観察中の人数を省くか、軽症者、重症者、重篤者の三段階くらいに分類して発表してもいいのではないかと思っています。

 ここに来て浦添消防本部での不祥事が続いています。昨日は119番通報があったが、新型コロナ陽性者ではないかということで救急搬送せずに保健所に問合せるようにと指示した。再度、更に様態が悪くなったという通報を受けて、現場に向かった。医療機関に搬送したが、亡くなったことが報じられた。

 この7月に救急車に積んでいた医薬品「アドレナリン」の注射薬が紛失したとのこと。アドレナリンは劇薬指定されているのでした。まだ発見されていないのでした。 三点目は、救急現場に出動して際に気管挿管が必要な傷病者に挿管したが、誤って食道に挿入してしまった。この傷病者は、搬送先の医療機関にて死亡が確認された。事故との因果関係は不明としている。短い期間に同じ消防本部内での不祥事が続いているのでした。

 抜本的な検証や対策については実施されている気配はなく、あくまでも危機管理のためのマニュアルの見直しだけを行っているとのことだった。この方法では、抜本的な危機管理にはなり得ないのでした。世間的には、とりあえず反省して検証を実施し、二度と同じ過ちを犯しませんとの会見で禊で終わりなのだろうなって思うのでした。

|

« 西表島にも新型コロナウイルス感染症が侵入。レバノンの肥料爆発映像、衝撃波の威力甚大 | トップページ | 100名越えの新型コロナウイルス陽性が確認された »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。