« 今日から沖縄全県で時間短縮営業が始まった。 | トップページ | 外食難民にならないように情報収集中 まだまだ続く感染症の脅威 »

2021年1月23日 (土)

緊急事態宣言を肌で感じました。

 昨晩からの雨降りが心配でしたが、雨が上がっていました。荒れた天候の中での運転を覚悟していたのですが、東風が強く、吹き降ろしでハンドルを取られそうになりました。将来的にダイビングインストラクターに成りたいという問い合わせがあったので、午前中は名護で学生さんとの面談でした。面談場所は、A&Wでした。本来は24時間営業のお店でしたが、午後8時で店内での飲食は終了し、以降はテイクアウトだけの営業との表示を確認しました。名護でも新型コロナ感染症の罹患者数が急増しているのでした。沖縄県独自の2月7日までの緊急事態宣言が発令された影響を肌で感じた次第です。

 週末の土曜日でしたが、交通量は上下線共に交通量が少なく感じました。目的地までは、58号線のバイパスを使って北上しました。許田と名護の間の道路工事も佳境に達しているようで通行止めの表示が出ていました。2月末に集中、2021年夏に完成とのこと。名称は名護東道路4号トンネル。完成後の立体交差とトンネルは走ってみたい。

 東京は雪模様、沖縄は晴れ間が広がりつつあります。寒いが続きましたが、昨晩は暑くて汗をかいておりました。東風で温かく湿った空気を運んで来たおかげでした。扇風機を廻して部屋の空気を強制的に循環させました。

 本部半島の緋寒桜鑑賞の時期ですが、新型コロナ感染症の影響で少ないとニュースが流れていたが、実際58号線を北上したが空いていました。予定よりも10分くらい早く到着することができました。

 面談中に潜水救急ネットワーク沖縄に連絡がありました。久しぶりに1日2本潜った。2本目は減圧停止の指示が出たそうだ。左の中指を曲げ伸ばししたら違和感ありとの内容だった。主訴は、指の付け根の違和感だけだった。水分補給と酸素吸入を指示した。潜水前後の水分補給について確認したが,蒸散排泄の影響もあるのではとも付け加えました。

|

« 今日から沖縄全県で時間短縮営業が始まった。 | トップページ | 外食難民にならないように情報収集中 まだまだ続く感染症の脅威 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。