« 海上保安庁の救難ヘリコプターあれこれ  | トップページ | 沖縄県内での地震あれこれ その後の救援体制は »

2022年5月20日 (金)

新型コロナ恩納村でも複数報告されています。

 昨夜から雨です。昨日の晴れ間は貴重でした。週末にかけて梅雨本番の到来です。

 もう5月も下旬に突入です。沖縄県では新型コロナ患者の発生については高止まり状態が続いています。10代以下から40代までの感染者が多数を占めています。沖縄県は、ようやく若い年齢層の感染対策についてメッセージを、ようやく発した。 https://www.pref.okinawa.jp/site/chijiko/kohokoryu/koho/2020_new_korona_virs.html 沖縄県庁のホームページに掲載されています。リンクしましたので、ご確認ください。

 恩納村でも日々、新型コロナの陽性者が確認されています。一桁もあれば二桁もあるのでした。5月18日は11人の発症が報告されています。10代未満1名男 2名女、10代1名女20代2名男、1名女、60代2名男、1名女、70代1名男の合計11人なのでした。  https://www.vill.onna.okinawa.jp/covid19info/ 身近に迫っているかな。

 行政サイドや情報機関から提供される情報とは裏腹に日常生活の中での危機意識は薄れているように感じます。

 外食で飲食店を利用することがありますが、お客さん同士のお喋りは絶えません。店内には食事中はマスクを外しますが、食べ終わったら直ちにマスク着用を呼び掛けた行政作成のポスターが店内に張り出されています。当然、入店する際は体温測定とアルコール消毒がセットされています。

 テーブルではソーシャルディスタンスを保つために通常は四人掛けでも二名までと制限しているお店もありました。アルコール消毒、体温測定が基本ですが、体温測定は器械対応の会社や飲食店もあれば、スタッフが非接触型の体温計で一人一人測定して測定値を声出しして店内に案内するお店が少なくなりました。とありあえずアルコール消毒のみのお店が多くなりました。

 天然痘に似た症状の感染症「サル痘」が流行の兆しの警告がありました。寝ぼけ眼でしたが、ネットニュース検索で見つけました。天然痘の再来かと一気に眠気がぶっ飛びました。

|

« 海上保安庁の救難ヘリコプターあれこれ  | トップページ | 沖縄県内での地震あれこれ その後の救援体制は »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。