« 本部港にクルーズ船がやって来ました。早朝から視察してきました。 | トップページ | KDDIやau等の携帯電話の通信障害が発生した。全国レベルでのトラブル発生。台風4号接近している沖縄本島です。 »

2022年7月 1日 (金)

台風4号が発生しました。週末は大人しくかな。

 今日から7月が始まります。午前7時ですが、薄暗い朝でした。外は雨模様。熱帯低気圧の影響になっています。昨日までの天候とは一転、嵐の予想。台風に切替わるかもしれないのでした。昨日は、午後から那覇往復しましたが、猛烈な雨の洗礼を受けました。

 南シナ海には台風3号が発生、日本には直接影響はでない。フィリピン近海にて熱低が発生して北上しています。3日は沖縄本島縦断する予報が出ています。台風4号になるかもしれないとのことでしたが、午前11時過ぎに台風4号となりました。沖縄本島を抜けて、そのまま東シナ海を北上するルートになっています。恩納村では西風の影響を受けそうだ。

 今回の熱低から発達した台風4号は、週末から週明けに掛けて沖縄本島を縦断するルートとなっています。せっかくに週末なのに天候は最悪の荒れることが予測される。

 台風の定義としては風速が18mを越えないと台風としてはみとめられないのでした。最大風速の予想では15mとなっているので熱低のままになるかもしれないのでした。沖縄近海の海水の温度が高ければ熱低から台風に発達したのでした。

 海洋性気候なので周辺の海水の温度によって影響を受けるのでした。利点としては極端に内地のようは気温が35度以上にはなりにくいのでした。周囲の海水の影響で気温が30度を越えることがありますが、35度以上になることはないのでした。

 昔に比べると道路は舗装され、住宅地域では地面はコンクリートで固められています。地面が土の場合は、コンクリートに比べると熱を放出しやすいので気温の上昇は低く押さえられるのでした。

 コンクリートの場合は、熱を蓄積します。熱は流体なので高い処から低い処に流れる性質があるので、夜になると外気温よりも高くなれば空気中に放出することになります。夜になってもなかなか気温が下がらずに熱帯夜となるのでした。

|

« 本部港にクルーズ船がやって来ました。早朝から視察してきました。 | トップページ | KDDIやau等の携帯電話の通信障害が発生した。全国レベルでのトラブル発生。台風4号接近している沖縄本島です。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。