« 第四週の土曜日は資源回収日 花冷えの恩納村でした。 | トップページ | JCEUセミナー講師でした。沖縄での医療用酸素の攻防戦、後世に残ったかな。 »

2023年4月23日 (日)

懐かしい払下げ用品屋さんがめっきり減りました。

 週末の日曜日。今日の風は北東だが吹く力は弱まった。体感温は温かく感じる1日になりそうだ。シーミーの時期なので北部方面に行く車両は多くなっているかもだ。信号待ちの時間が多くなります。事務所内は、窓全開にしているの室内は花冷え状態です。

 そろそろクーラーを使う時期になりました。まだ窓全開だと肌寒い状態ですが、この状態がいつまで続くのか。5月か6月辺りから電気代が高くなるとのこと。今年もクーラーは除湿機能だけで過ごす予定でいます。先日、冬物と夏物の衣服の入れ替えをしたばかり。花冷え状態が続くので長袖のワークシャツを着ています。連休明けまではクーラーを使わなくて済みそうだ。ダウンベストも手放せないのでした。

 海用にはMA-1を車に積んでいます。MA-1は米軍のパイロット用のジャンパー。軽くて暖か素材で出来ているの重宝しています。30年位前に沖縄の払い下げ用品の販売店で購入したものです。払い下げ用品屋さんは、米軍から軍装品の払い下げを受けて、それらを販売しているお店です。最近は、払い下げ用品屋は少なくなりました。

 MA-1は二つ持っています。一着は40年位前に購入しました。当時はアウトドア用の防寒具の種類は少なく高価だった。そのためにデザインや価格面、着こなし具合も問題なく使えました。大都市部でのアウターとしても問題ありませんでした。

 40年位前はベトナム戦争が終わった直後だったので、沖縄では米軍の払い下げ用品屋さんは多かった。当時は軍装品として戦闘服、軍靴、小物類、ハードボックス、ファーストエイトキットケース、双眼鏡、コンパス、Cレーション(軍用の携帯食品)が販売されていました。武器類を除かれていました。弾丸は火薬を抜いて薬莢類が販売されていました、あとはジッポーライターやサングラスも販売されていました。

 当時販売されていたCレーションは、まだレトルト食品は少なく、缶詰がありました。小さな缶切りが付いていました。ボックスマッチ、トイレットペーパー、チューイングガム、塩、砂糖、胡椒、粉末コーヒー、粉末ミルク、粉末ジュース、クラッカー、タバスコ、ケチャップ等が入っていました。今は、缶詰からレトルト類に変わりました。

|

« 第四週の土曜日は資源回収日 花冷えの恩納村でした。 | トップページ | JCEUセミナー講師でした。沖縄での医療用酸素の攻防戦、後世に残ったかな。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。