« どんどん身近に迫って来る新型コロナ感染症です。 | トップページ | 海保の安全講話に参加でした。 »

2023年7月 6日 (木)

定期検診での拘束時間が、過去最長だった。

 今日は定期検診でした。これまでで最高に時間が掛かりました。午前7時に恩納村を出発した。午前7時55分に医療機関に到着。受付機に診察券を挿入。反応なし、急遽受付にて診察券の確認をしてもらった。診察券の再発行をしてもらった。からこれ20年使った診察券でした。

 午前8時5分に採血室に到着、午前8時20分に採血と採尿を完了。循環器内科にて問診待機。午前9時40分に看護師の問診、体重と血圧、酸素飽和度の測定、それに体調の確認だった。「最後の食事は前日の19時位に食べた。」と伝えた。血圧は110の65だった。問診は5分程度でした。

 主治医が診察室に入ったのが午前9時30分だった。それから待つこと延々。呼ばれたのが午前11時45分で診察終了が午前1時53分位だった。前回の採血結果と今日採血結果の比較説明。「もう少し痩せなさい。サバの水煮を汁ごと残さずに食べるように」とのことでした。

 会計が午後零時15分に終了して領収書と処方箋をもらい、院外薬局にて処方箋と保険証、お薬手帳を渡した。待ち時間は50分とのこと。ああぁぁ、ここでも待機時間が最長を記録しました。薬の受領は午後1時10分だった、駐車場を出たのが午後1時20分だった。いつもなら午前11時30分までには駐車場から出ることができた。

 新型コロナ感染症が5類に変更されたこともあって発熱外来は廃止されていた。病院の入り口では体温測定とアルコール消毒のみ。係員が入域の理由を聞いてきた。「今日は診察です。」と言って入域した。待合室で待機しながらとある資料の文章校正と加筆する仕事を完了しました。

 今日の予約時間は午前9時から9時30分と指定されているが、その時間帯の意味がなんだろうって。自分より遅く来た方よりも自分の診察の順番が遅くなっているのでした。担当医師は3室あって、3名の医師の名前の命名版がありますが、診察している医師は二名のみ。自分の主治医に 患者が集中しているのでした。主治医とは西表島の西部診療所時代からの付合いで30年以上かな。

 次回の検診日時は9月28日なのでした。台風大丈夫かな。帰路は、天津ラーメンと餃子二人前と注文して食べた。美味し。

|

« どんどん身近に迫って来る新型コロナ感染症です。 | トップページ | 海保の安全講話に参加でした。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。