« 台風の影響は要注意です。あなどらないように! | トップページ | 台風6号の襲来が予想が大幅に変更となりました。今日ではなく明日以降となりました。 »

2023年7月30日 (日)

台風6号が接近中、今日の恩納村は晴れマーク 停電しないように願っています。

 台風6号が接近している沖縄本島。恩納村は、今のところ晴れ間が広がっています。今日までは晴れマークがついています。明日の31日と8月1日は土砂降りマークが付いています。そして8月第一週は雨マークが週末まで付いています。

 台風予報では30日夜半から翌日31日辺りに沖縄本島に台風が接近するとのこと。30日について航空各社は通常通り運航だが、翌31日は運航休止の便が出始めています。これまでに104便の欠航が決まっており、予約ベースで延べ13,000人に影響が出るとのことでした。台風の位置関係で恩納村には北風が吹く予想となっています。

 時間が長く台風の影響を受けることになるので停電しないで欲しいのでした。この何年間は台風でも恩納村前兼久地区では停電していません。真夏の台風で一番困るのは停電で冷蔵庫やクーラーが使えなくなることです。冷蔵庫は頻繁に開け閉めすると冷気が逃げて冷蔵機能が一挙に低下して冷蔵庫内の食品がアウトになってしまうのでした。当然、冷凍庫も同様です。

 冷蔵庫内にある食材を先に調理して、次に解凍状態になりつつある冷凍食品を調理することになります。離島生活での経験を基にしています。

前兼久で、過去最高の停電時間を72時間経験した際、本当に困りました。コンビニも停電すると自動ドアの開閉ができなくなります。また表看板のコンビ二のネオンサインも使えないので店内は真っ暗になるのでした。おまけにPOSレジが使えなくなるので買い物ができないかもだ。現金のみか。ワォンやエディの電子マネーは使えないのでしょうね。

 電線の地中化計画を沖縄電力でも実施しています。恩納村前兼久地区でも58号線沿いにあった送電線が地中化工事で実施していたが、その結果について地元民は知らないのでした。進捗率は、どうなんだろう。那覇や浦添、宜野湾等の都市部と北部の過疎地域での差はあるのだろうか。

 台風対策は、大丈夫です。

|

« 台風の影響は要注意です。あなどらないように! | トップページ | 台風6号の襲来が予想が大幅に変更となりました。今日ではなく明日以降となりました。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。