« 梅雨明け後、水難事故が急増しないように願っています。 | トップページ | 決算後の納税完了 台風5号の動きは »

2023年7月23日 (日)

ライフジャケットあれこれ

 天気が怪しくなっているのでした。抜けるような青い空ではなく曇り空なのでした。午後からは晴れ間が広がったが、台風5号の影響なのだろうか。週間予報では26日辺りから台風5号の影響で沖縄本島でも雨マークとなっているのでした。台風5号の進路ですが、石垣島や西表島を直撃するような動きが予想されているのでした。

 夏休みが始まった最初の週末、夕方から全国、沖縄等を含めてニュースを検索しました。水辺活動での水難事故情報を確認したが、午後20時30分現在、水難事故関係のニュースを確認することができませんでした。ちょっとだけホッとしました。夏休みが始まったばかりでは水難事故が増える傾向があったのですが、今日は幸いでした。このまま水難事故ゼロが続くといいなぁ。

 水難事故が起きると行政サイドは、異口同音にライフジャケットを装着して水辺活動やスノーケリングをすべきと唱えています。自分が沖縄本島の北部のビーチエントリーできる施設で指導している最中は、スノーケリングをセルフで実施するお客さんはライフジャケットを装着している人を見かけることはありませんでした。自分等が指導する学生にはウエットスーツにライフジャケットを装着した状態で活動していました。

 大学には50セットくらいのスノーケリング用に3mmウエットスーツ、ブーツ、マスク、スノーケル、フィン、ブーツ、それにライフジャケットが準備されているので、学生は自分の体格にあった器材を借りることができるのでした。学生は大学から無料で借りることができるのでした。

 一般の方にライフジャケットを自前で用意しなさいというのは、どうかな。価格的には、2,000~5,000円と、それなりの値段となります。アマゾンや楽天市場、モノタロウ公式等の通販で販売されています。沖縄のスポーツショップの量販店でも、同様な価格帯となっています。

 子供の成長は早いので今年購入したが、来年は同じサイズのライフジャケットを着れることは保証されないのでした。ひと夏のために親御さんが子供にライフジャケットを買い与えことがあるのだろうか。

 商品によっては浮力の問題もあるのでした。昨年は通販で販売されている安価なライフジャケットの浮力が不足して使用している人間を浮かせることができない粗悪な製品があると指摘されたことがあります。

|

« 梅雨明け後、水難事故が急増しないように願っています。 | トップページ | 決算後の納税完了 台風5号の動きは »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。