« 株価が4万円を超えたニュース速報を見ながら家計簿をチェック 溜息ばかりだった | トップページ | 100均の製品で生活が成り立っているようだ »

2024年3月 5日 (火)

恵みの雨になるか? 竜巻が発生し全国ネットで放映された

 3月5日、語呂合わせで35が「サンゴの日」、恩納村ではサンゴ移植の実施しています。今日は南風となりました。21~25℃と夏日になりそうな気象状態となりました。昨夜来の強風と雨も止んでいました。

 いきなり夏日になりました。昨日は、久しぶりの土砂降りになり地域によっては避難勧告が発令されたり、竜巻注意まで発令されていました。春先の目まぐるしく変わる天候を味わいました。季節は冬から春に切替わりつつあるのでした。

 昨日の降った雨量が、今回の渇水対策の一助になるのだろうか。ある気象情報番組で、担当の気象予報士さんが雨量について計算した結果を話していた。それは今後、雨量が期待できない場合は、ゴールデンウィークまでに貯水率は確実に無くなるとの説明をしていました。

 観光客の来沖が多くなる時期に渇水問題が深刻なると風評被害で人流にも影響するのだろう。水不足が深刻化すると給水制限が設定されます。40年位前に沖縄で経験したのは、夜間断水、水圧を低下させて水量を減らす処置でした。沖縄はシャワーの習慣なので、シャワーを浴びる時間を短くしたこともありました。

 飲食店や一般家庭で困ったことは調理する種類が制限されたり、食器を洗う水がなかったりと食生活に不便が生じた。飲食関係は、お手上げだった。床屋さんは洗髪が出来ないなんてこともあったようです。

 日常生活では洗濯、風呂、炊事等で制限がありました。欧米では、渇水対策の非常事態宣言が発せられた場合は、それに違反した人への罰則規定が設けられていますが、日本では注意勧告の広報だけでした。罰則規定の設定は、日本には馴染まないのだろう。何せ、日本は水の豊かな国なのだろうか。

 昨夜の雨でダムの貯水率は0.2ポイント上昇したとのこと。雨の降った翌日だからかな。ダム周辺に降った雨が、徐々にダムに流れ込むのに時間がかかるのでした。12:30に沖縄本島北部に竜巻注意報が発令されました。実際い伊江島では実際に竜巻が発生した映像が全国ネットで公開されました。

|

« 株価が4万円を超えたニュース速報を見ながら家計簿をチェック 溜息ばかりだった | トップページ | 100均の製品で生活が成り立っているようだ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。